【MT4必須のトレードツール】MT4スピード注文のカスタマイズ

この記事は約3分で読めます。

海外FXではMT4(メタトレーダー4)を採用していることが多いです。
MT4は高性能で世界的に多く使用されているのですが、国内FXから移行した人には少し使いづらいかもしれません。

MT4は複数のポジションを一括決済することができないからです。

でも、安心してください。

「MT4スピード注文」という無料公開されているツールを使用することで、一括決済はもちろん、MT4の使い勝手を格段に良くすることができます。

今回はMT4で必須と言っても良いトレードツール、「MT4スピード注文」のおすすめカスタマイズについてご紹介します。

MT4スピード注文とは

MT4スピード注文とは、MT4のツール(MT5でも使用可)で、1クリックで新規注文したり、複数のポジションを一度に決済したりすることができます。

MT4スピード注文でできること

  • 複数のポジションを同時決済(全決済)
  • 指値と逆指値を注文と同時に設定
  • スプレッドの自動表示
  • ドテン機能(決済と同時に同数量の逆ポジションの注文)
  • 取引履歴の集計が可能

上記以外にもMT4スピード注文にはトレードに必要な機能がたくさんあります。
(逆にこれぐらいの機能はMT4に標準で付けておいてくれてもいいですよね。)

取引履歴の集計が簡単にできる

取引履歴はMT4の口座履歴からも確認できますが、MT4 スピード注文の履歴検索機能を使用すれば、期間中のポジション数合計、Lot数合計、pips損益合計を確認することができます。

MT4スピード注文の導入方法

MT4スピード注文は、ツール開発者のナイト氏のツイッターで無料公開されています。
下記ツイートのリンクにアクセスして、パスワード(speed)を入力するとダウンロードボタンが表示されます。

ダウンロード後は、解凍フォルダ内にある導入手順書を読んでインストールしてください。

「MT4スピード注文」のおすすめカスタマイズ

これは私のMT4スピード注文のインターフェースです。
MT4スピード注は、インターフェースをカスタマイズ(設定)することができます。

インターフェースを設定する場合は、右上の「歯車マーク」→「オプション」押して設定画面に入ってください。

カスタマイズ設定公開

以下は私の設定画面(自分のメモ用)です。他人のトレード画面を見る機会はあまりないと思いますので、良かったら参考にしてみてください。
使用していると、「何か違うな?」と思う瞬間があると思いますので、そのときは自分好みに再設定すると良いと思います。

全決済ボタンの操作ミスを防ぐ

スピードMT4は1クリックで操作できるのが魅力のですが、間違って全決済ボタンを押してしまったり、前回取引のロット数で注文してしまったりという操作ミスが起こりがちです。

スピードMT4には全決済ボタンをロックする機能があり、この機能を有効にすると、全決済ボタンをロック(無効化)することができます。

このロック機能は、設定ボタンを押して、全般(1)のタブにある「全決済(ドテン)ロック」にチェックを入れるだけで使用可能です。

ロット数量の間違いを防ぐ

ロット数量を間違えて大火傷しないように、注文後はクリアボタンを押して、注文数量をゼロにしておくことをオススメします。

MT4が使えるおすすめの海外FX業者

今回はMT4に必須のツール「MT4スピード注文」についてご紹介しました。

海外FXの多くはMT4を採用しています。

特に、GemForexXMは入金ボーナスが高く、海外FXの代名詞というくらいに人気があります。
利用者も多く、安心できる海外FX業者ですので、まだ口座をお持ちでない方はこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

FX
Twitterやってます
TORELABO(トレラボ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました